人間の体の60パーセントは水

皆さんは、学生の頃やテレビなどで一度は耳にしたことがあるでしょう。人間の体はほとんど水で構成されています。胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントを水が占めています。 これだけ見ても、いかに人間にとって水が重要かわかります。 では、皆さんは普段水をどのように手に入れていますか。スーパーで買う、浄水器を付けるなど様々な方法があるかと思います。しかしそれらはもし買い忘れたり、使用期限が過ぎていたりすれば、水が摂取できなくなります。水道水をそのまま飲むのも気が引けるという方も多いと思います。そこで便利なのがウォーターサーバーです。

便利で安心、そしておいしい

そもそもウォーターサーバーとは、天然水やRO水などの飲料用の水を冷水・温水に保ち、いつでも利用することができる給水、給湯機です。少しレバーをひねれば、いつでもおいしい水を飲むことができます。また、食の安全に対する意識が高まっている今、新鮮な水を利用できるというのは、健康面でも安心です。水がなくなっても、替えのボトルを宅配してくれるので、買い忘れたりなくなったりする心配はありません。また、スーパーやドラッグストアで買うよりも、価格がリーズナブルな傾向にあるので、出費を抑えたいという方にもおすすめです。ご家庭にお子様がいたり、健康に気を使う人なら、いつでも水分補給ができ、安心安全な水を利用できるウォーターサーバーがあれば、生活は上向きに転じることでしょう。

水のサーバーは省スペースで、簡単に自宅に設置できます。いつでも気軽においしい水を冷たいままで飲むことができます。